前へ
次へ

解約手数料なし契約期間にも縛りがないレンタル携帯

安心できる利用にするためにも、レンタル携帯の仕組みをあらかじめ把握しておくのは良いことです。
一般的なキャリア契約で携帯電話を利用する場合、現在であれば大体その縛りの期間は2年契約が多くなります。
長期的に使うのであればよいですが、新しい機種は次々に発売されますし、短い期間だけ使いたいケースも少なくはありません。
レンタル携帯の良いとロコの一つは短期的な利用にも適した面であり、2年間などの契約期間に縛られることがないです。
そこがキャリア契約とレンタル携帯の大きな違いでもあり、使いたいときだけ使って不要になった時にも、解約手数料が発生をするリスクもありません。
現代はフリーの時代であり様々なものが安価で手に入りますし、通信関係に関しても同様です。
日常生活や仕事などにも電話は欠かせませんが、レンタルというスタイルだったら気軽に利用をすることができます。
大手携帯キャリアと直接契約をするまでもなく、レンタル携帯なら使いたいときだけの簡単契約が可能です。
手軽で便利なレンタル携帯ではありますが、ショップでの対面であれWEB経由での申し込みであっても、必ず必要になるのが身分証明書の提示です。
簡単にレンタルできるのだから本人確認は不要と考えるかもしれませんが、携帯電話不正利用防止法の改正に伴い必ず必要になります。
レンタル携帯を契約をするのが本人であるかどうか、何かそれを証明できる書類の提出をすること、これはすでに義務化されていることです。
個人でレンタル携帯を契約する人で、運転免許証があるなら、写真付きの運転免許証の提示をすることができます。
法人や官公庁の利用の場合だったら、官公庁から発行された公的証明書や、鑑証明書に登記簿謄本などです。
さらに担当者の運転免許証や社員証などを提示します。
提出の際には表面だけではなく、本人確認書類として裏表の両面での提出をすることも必須です。
必要な人が必要な時に携帯が使えるようにあるサービスですがそこには信用と安心もセットでなければなりません。

Page Top